薄毛・抜け毛対策に必要な栄養素とは

鏡を見ていて、自分の薄毛や抜け毛が気になることはありませんか?

もしかすると、その薄毛や抜け毛は日常の食生活で改善できるかもしれませんよ!

こちらの記事では、薄毛・抜け毛対策に有効な食事や栄養素についてご紹介していきます。

目次

薄毛・抜け毛を予防するには、食事が重要

薄毛や抜け毛の原因の一つは、必要な栄養素の不足により、髪の毛が作られなくなってしまっていることが原因です。

そのため、食生活の改善を行うことで予防をする必要があります。

薄毛・抜け毛予防に必要な栄養素

髪の毛はアミノ酸が合体することで作られるタンパク質という物質によって作られています。

そのため、ケラチンの材料となるタンパク質や、ケラチンの作成をする過程で必要となるミネラルやビタミンといった栄養素が薄毛や抜け毛の予防に必要です。

薄毛対策に効果的な食べ物

必要な栄養素と、その栄養素を摂取することができる食べ物を以下の表にまとめました。

栄養素や食材に関しては、あくまで一例であり、バランスのよい食事を心がける必要があります。

栄養素

食材

タンパク質(アミノ酸)

肉、魚、卵、大豆など

亜鉛

牡蠣、肉、種子類など

ビタミンB2

レバー、うなぎ、種子類など

ビタミンB6

魚(マグロ、カツオ)、レバー、バナナ

ビタミンC

野菜類(生野菜)

薄毛対策に効果的な料理

薄毛対策におすすめな料理は「レバニラ 」です。レバーは低脂質高タンパクであることに加え、髪の毛が作られるために必要な様々な栄養素が含まれています。

ただし、レバーの取りすぎはビタミンAの過剰摂取に伴う体調不足を招く恐れがあるため注意しましょう。

取り切れない栄養素はサプリで補う

全ての栄養素を日々の生活で摂取するのは難しいことです。

そのため、サプリメントや万能栄養食のような栄養を補うための食品もおすすめですよ。

>>薄毛・抜け毛対策のために不足する栄養素を補うスカルプサプリ

薄毛・抜け毛が進む間違った食生活

それでは、薄毛や抜け毛を進行させてしまう食生活について、ご説明していきましょう。

高脂質・高カロリーの食事

特に高脂質な食事は、頭皮の皮脂の増加の原因になります。皮脂が増加することで、毛穴が詰まってしまい、毛の発育に悪影響を与えます。

そのため、高脂質・高カロリーな食事はほどほどにするようにしましょう。

夜21時以降の食事

夜食は身体への負担が大きく、消化不良や睡眠の質の低下といったデメリットがあります。

そのため、栄養が身体に取り入れにくくなってしまうのです。

その結果、栄養不足となり髪の毛の発育が悪くなってしまいます。

アルコールの飲みすぎ

また、薄毛の原因物質とされているジヒドロテストステロンの増加や、血行不良を引き起こし、身体全体に栄養を届けられなくなってしまいます。

また、寝る前のお酒も睡眠の質を低下させるため控えましょう。

高脂質・高カロリー・糖質の多い食事

このように、一般的に良くないとされている近代的な食事(高脂質、高カロリー、糖質過多)が薄毛に悪影響を及ぼすため、注意するようにしましょう。

まとめ

・薄毛や抜け毛を解決するためにはタンパク質や、髪の毛の元となるケラチンを作るために必要なミネラルやビタミンをしっかりと摂らなければならない

・薄毛や抜け毛の原因はバランスの良くない近代的な食事であるため、改善していく必要がある

このように、髪の毛や頭皮のトラブルには少なからず栄養バランスが関係しています。

まずは、バランスの良い食事を摂るように心がけるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる